• 印刷する

テイクオフ:日本に一時帰国するたび…

日本に一時帰国するたびに軽自動車の普及ぶりに驚く。市場は新車販売の4割を占めるまでに拡大。久しぶりに訪れた実家にも黄ナンバーの車両が止まっていた。

早速試乗すると、ナビやスマートエントリー、アイドリングストップなどはもちろん、衝突回避のための警報、ブレーキといった安全装備も充実。何より感心するのはそのデザイン性の高さ。街を見渡せばハッチバックからミニバン、スポーツタイプ多目的車(SUV)、レトロ感を演出した車種までがそろう。規則改正後に白ナンバーを付ける車両も増えており、ひと目では軽と分からないものも多い。

インドでは各社の新モデル投入により、地方を中心に小型車ブームが見込まれている。機能を取捨選択するなど現地化の課題はあるかもしれないが、軽の多様性は当地でも人気を集めるはず。何かのきっかけで普及が進むかも、とひそかに期待している。(中)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日本製中古車流入が87%減 パキスタン、国産車保護を継続(09/13)

車両のGST引き下げ、20日に決定か(09/13)

EV普及、10年間で4千億ルピー投入計画(09/13)

MGモーター、増産などに200億ルピー投資(09/13)

タタ自、8月の世界販売は32%減の7.2万台(09/13)

サイムダービー、豪で高級車販売権を買収へ(09/13)

オヨ、ニューデリーに共用オフィスを新設(09/13)

新興企業の設立数、国内最多はデリー首都圏(09/13)

国内線運賃、本年度は7~9%上昇の予測(09/13)

グ州、改正自動車法の罰金を独自に減額(09/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン