太陽光発電、目標達成に暗雲 コスト上昇で導入ペースが急減速

インド政府が掲げる太陽光発電の導入目標の達成に暗雲が立ちこめている。政府は2022年までに出力100GW(GW、1GW=100万キロワット)の実現を目指しているが、18年度(18年4月~19年3月)は税制変更に伴うコスト上昇で入札の中止が相次ぎ、新規導入が初めて減速する見通し…

関連国・地域: インド
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:注文して当日や翌日にオ…(11/13)

10月車販売は5%減の35万台 12カ月連続減、乗用車はプラス転換(11/13)

10月の二輪販売14%減、11カ月連続マイナス(11/13)

愛三工業、西部にBS6対応の新工場を開所(11/13)

中国長城汽車、インド法人をグルガオンに設立(11/13)

M&Mとフォードの合弁、双竜参加の可能性(11/13)

EVタクシーのリチウム、ウィプロと提携(11/13)

タタの「ネクソン」EV版、来月16日に公開(11/13)

製薬ルピン、共和薬品を日本企業に売却(11/13)

CNGターミナル、西部港に設置へ(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン