太陽光発電、目標達成に暗雲 コスト上昇で導入ペースが急減速

インド政府が掲げる太陽光発電の導入目標の達成に暗雲が立ちこめている。政府は2022年までに出力100GW(GW、1GW=100万キロワット)の実現を目指しているが、18年度(18年4月~19年3月)は税制変更に伴うコスト上昇で入札の中止が相次ぎ、新規導入が初めて減速する見通し…

関連国・地域: インド
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:髪型にこだわりがなく、…(04/25)

首都近郊に日本企業向けSEZ バングラ、9月に造成工事を開始(04/25)

ASUS、インドのノートPC市場で存在感(04/25)

給油所にEV充電設備、石油省に支援要請(04/25)

日精樹脂、チェンナイに新事務所を開設(04/25)

省エネ型のエアコンと冷蔵庫、販売が低迷(04/25)

ソフトバンク、通信ジオに30億ドル出資検討(04/25)

インフォシス、クラウドで中国華為と提携(04/25)

地場太陽光、英政府系が27億ルピー出資(04/25)

エムファイン、日本のVCなどから資金調達(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン