• 印刷する

テイクオフ:米インポッシブル・フー…

米インポッシブル・フーズが開発した「植物由来の人工肉」が先週、シンガポールに上陸した。まずは国内の飲食店8店でメニューの一部に導入された。

農学部出身としては非常に興味深いトピック。さっそく取り扱い店舗に足を運んだ。同行してくれた女友達数人は「植物由来の肉……? 響きが怖い」「そこまでして肉を食べたいビーガン(完全菜食主義者)って何なの」とあまり乗り気でなかったのだが、実食すると「おいしい」「完全に牛肉だわ」と言って箸が進んでいた。

ビーガン・ミートなどとも呼称されるため、菜食主義者向けの食事と思われがちだが、こうした人工肉はこの先「本物の動物の肉」の代替品として普及していくだろう。というのも、食用牛を育てるよりも低コスト・低環境負荷で生産できる見通しが立っているためだ。今後も人工肉の普及動向に注目していきたい。(薩)


関連国・地域: シンガポール米国
関連業種: 食品・飲料農林・水産サービスマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日本製陶器ドリッパーをPR トランク、カフェアジアに初出展(03/22)

ASEAN6カ国の外食業界団体が協力(03/22)

【アジア三面記事】金融美女は仕事も別格(03/22)

アジア企業景況感、1~3月期も低迷(03/22)

アジアのインフラ開発で米国と協力推進(03/22)

中国経済減速の影響大、ムーディーズ調査(03/22)

雲南料理店、ジュエルチャンギに海外1号店(03/22)

オネストビー、一部地域向けに1時間で配達(03/22)

越の配車アプリ「ファストゴー」、来月進出(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン