• 印刷する

テイクオフ:2大スーパーのコールズ…

2大スーパーのコールズが昨年実施した、一定額以上の買い物で食品のミニチュアがもらえる「リトル・ショップ」キャンペーン。日本ではボトル飲料にキャラグッズがつくなど、おまけ文化は当たり前のように存在するが、オーストラリアではまだ珍しいせいか大好評で、トレードや転売も数多く行われるほどのブームになった。

おまけ文化が定着するかと思いきや、同社が再度実施した野菜のキャラクターのおもちゃがもらえる「Fresh Stikeez」キャンペーンには、前回から一転して「プラスチックごみを増やすな」「子供が誤飲しそうなガラクタをありがとう」など非難の嵐に。

前回も同様の批判があったが、ミニチュアの可愛さにファンの方が多く、批判はかき消されていた。おまけ文化に慣れていた自分は「今回は可愛くなくてガッカリ」という感想しか浮かばなかったが、意外な反応の違いに驚きを感じた。(松子)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:米グーグルの関連企業が…(04/23)

三菱参画の軽鉄道、首都で開通 都市再開発に貢献、経済効果も(04/23)

カンタス、札幌・シドニー間で季節運航便(04/23)

九州電、VIC州政府と混合燃料開発で覚書(04/23)

ライナスがマで増産、日本向けに備蓄方針(04/23)

食品ユニバーサルロビナ、18年は15%減益(04/23)

FMG、3Qの輸出量が3830万トンに(04/23)

豪3月失業率5%に悪化、フルタイムは拡大(04/23)

豪連邦準備銀、NSW州の低失業率に疑問符(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン