• 印刷する

テイクオフ:ちょっとした外出や外食…

ちょっとした外出や外食もグループ行動を好むフィリピン人にとって、「お一人様」という概念はかなり希薄だ。若い世代では特に、日本人よりも集団意識が強いように思うことが多々ある。

当地の旅行スタイルはというと、国内外問わず友人や家族などと過ごす団体旅行がほとんどで、一人旅はなじみがないように感じる。国内で王道の観光地は、日本人にも人気のセブ、観光受け入れを再開したボラカイ、秘境と呼ぶにふさわしいエルニドなどリゾート地が多い。地方では、交通の不便さから大人数で大型のバンをシェアする方がお得だと考えるのも、団体旅行が好まれる一因となっている。

一方、国内の旅先で出会った「お一人様」は女性ばかりだった。一人リゾートは何となくむなしくなりそうで避けてきたが、彼女たちを見ているとたまには思いのままに過ごすのも悪くないかもしれない。(堀)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

輸入停止で揺れるコメ農政 中銀「問題ない」、インフレ圧力も(11/22)

社会混乱、7割が業務に影響 NNA調査、事業撤退へ懸念も(11/22)

証取所、自主的上場廃止の規定見直し(11/22)

不動産GGDC、クラーク複合開発で起工式(11/22)

比経済は堅調、三井住友銀とメトロバンク(11/22)

ITビーエンジ、地場エヌパックスに出資(11/22)

フェロニッケル、中国企業と年間供給契約(11/22)

縫製業振興、ファストファッション以外で(11/22)

租税特赦制度8カ月、12億ペソ徴税(11/22)

全国送電社、今後10年で4630億ペソ投資(11/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン