美団点評の18年本決算、9割増収も赤字拡大

消費者向けサイト・アプリ運営大手、美団点評(北京市)は11日、2018年9月の香港上場後初めてとなる18年12月期本決算を発表した。売上高は前年比92.3%増の652億2,700万元(約1兆779億円)。18年4月に買収した自転車シェアリングサービスの「モバイク(摩拝単車)」の不振などを…

関連国・地域: 中国-北京タイシンガポール米国欧州
関連業種: 運輸IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

双日など日本連合、通信網受注 70億円、華為・KT連合に競り勝つ(11/22)

テイクオフ:江戸時代に前野良沢や杉…(11/22)

社会混乱、7割が業務に影響 NNA調査、事業撤退へ懸念も(11/22)

一帯一路、投資企業の51%黒字 悩みは人材不足やインフラ未整備(11/22)

20年の祝日発表、国慶節は8連休に(11/22)

MRTの新車両基地、中国企業が受注(11/22)

ペット再資源化84.6%、中国輸入禁止も横ばい(11/22)

ベトナム航空、ハノイ―マカオ線12月就航(11/22)

確定申告免除に新基準、総合所得12万元以下(11/22)

中国二輪の春風、インドで初のショールーム(11/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン