• 印刷する

飲食マイナー、シンガポール企業と合弁

タイのホテル・外食チェーン経営大手マイナー・インターナショナルは11日、日系外食チェーンを運営するシンガポール企業のジャパン・フーズ・ホールディングと、シンガポールに合弁会社ダイニング・コレクティブを設立すると発表した。両社の長所を生かして事業を展開する計画だ。

タイ証券取引所(SET)への報告によると、マイナー・インターナショナルが99.73%出資する外食事業子会社マイナー・フード・グループの全額出資シンガポール子会社マイナー・フード・グループ(シンガポール)が、ジャパン・フーズと折半出資する。資本金は20万シンガポールドル(約1,600万円)で、月内に払い込む計画。

マイナー・フード・グループ(シンガポール)は、タイ料理店「タイ・エクスプレス」、中華料理店「新旺香港茶餐庁」、日本風の海鮮料理店「ビュッフェタウン」などを運営。ジャパン・フーズはシンガポール取引所(SGX)上場企業で、ラーメン店「味千ラーメン」「麺屋武蔵」、ギョーザ店「大阪王将」、うどん・そば店「家族亭」といった日系レストランを展開している。


関連国・地域: タイシンガポール
関連業種: 食品・飲料

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ここも中国語の世界か―…(03/19)

テイクオフ:一匹の犬が誤ってコンテ…(03/19)

【ポスト軍政】「4.0」時代へ前進か後退か 日本のIoT導入、政策継続が鍵(03/19)

地方空港のPPP再開発、次期政権に先送り(03/19)

首都空港第3滑走路、2カ月以内に閣議提出(03/19)

BMTA、22年にエアコンなしのバスを廃止(03/19)

JFE商事、モーター製造のタイ法人に出資(03/19)

車部品ソンブーン、新事業参入を計画(03/19)

アーバン、バンコクで複合施設2件開発(03/19)

BCPG、5年で風力発電を百万kW拡大(03/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン