環境汚染対策で企業に課税も、政府が検討

ラオス政府は、企業による大気汚染や有害廃棄物の排出を防ぐため、環境保護を目的とする税金を導入する方向で検討している。環境保護税の導入は、政府が1月末に承認した2030年までの「国家グリーン成長戦略」の一環。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が11日伝えた。 税率などの…

関連国・地域: ラオス
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

韓国企業、国内初のオンライン宝くじ販売へ(11/18)

コメの生産量目標、350万トンに引き下げ(11/15)

事業環境改善へ特別委員会設置、首相が同意(11/14)

通常国会始まる、閣僚2人の人事を承認(11/13)

ラオス初の野球リーグ戦、韓国支援で開催へ(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン