環境汚染対策で企業に課税も、政府が検討

ラオス政府は、企業による大気汚染や有害廃棄物の排出を防ぐため、環境保護を目的とする税金を導入する方向で検討している。環境保護税の導入は、政府が1月末に承認した2030年までの「国家グリーン成長戦略」の一環。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が11日伝えた。 税率などの…

関連国・地域: ラオス
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

SNS利用者が急増、19年は270万人に(04/26)

タイ・ラオス鉄道、一帯一路会議で協力覚書(04/26)

起亜自、中国生産車をアフリカ・東南ア輸出(04/26)

デジタル経済の発展促進、郵政通信省が要請(04/25)

五輪相、ラオス選手と交流の中学生と面会(04/25)

【ラオス経済通信】国家主席がラオス・中国鉄道を視察 第136回(04/25)

ラオス・タイ友好橋、開通から25周年(04/24)

【新ラオス法】第3回・看板及び公印に関する法令の改正(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン