中小企業の大半が見通し楽観 経済悪化認識も、大湾区に商機

香港中小企業の過半数が今年の経済環境は厳しさを増すとみているものの、自社の業務見通しを楽観していることが、オーストラリアの保険大手QBEインシュアランスの調べで明らかになった。楽観を支える背景の一つには、広東省、香港、マカオの経済協力を強化する構想「粤港澳大湾…

関連国・地域: 香港
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

観光誘致元年、課題は山積 中国人が激増、日本はこれから(10/24)

政府、20億ドル超の追加対策 苦境の業界支援へ燃料費など補助(10/24)

逃亡犯条例を正式撤回、香港政府=議会で宣言(10/24)

港珠澳大橋が開通から1年 1日6万人利用、車両は目標割れ(10/24)

中国CEEC、緊急発電事業5件目を落札(10/24)

香港長官の更迭検討か、中国政府と英紙報道(10/24)

香港長官の更迭を否定、中国外務省「デマ」(10/24)

宮崎県、輸出強化へ県産食品の試食会(10/24)

消費者信頼感指数、2Qは5P低下(10/24)

9月のマカオ旅客数8%増、伸び拡大(10/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン