中小企業の大半が見通し楽観 経済悪化認識も、大湾区に商機

香港中小企業の過半数が今年の経済環境は厳しさを増すとみているものの、自社の業務見通しを楽観していることが、オーストラリアの保険大手QBEインシュアランスの調べで明らかになった。楽観を支える背景の一つには、広東省、香港、マカオの経済協力を強化する構想「粤港澳大湾…

関連国・地域: 香港
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

香港航空の内紛が加速 新取締役と海航集団の対立構造(04/23)

高級タクシー導入、政府が条例案提出(04/23)

1~3月の失業率、12期横ばいの2.8%(04/23)

労工処の就職説明会、18年採用率は1.4%(04/23)

香港の出張費、2年連続でアジア首位に(04/23)

続落、休み前で静かな相場に=香港株式(04/23)

大湾区で保険アフターサービス、本土と交渉(04/23)

宝飾2社の1~3月期、改善進む(04/23)

辺境モール、免除のはずの賃料請求で紛糾(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン