• 印刷する

韓系旅行代理店、英大手の上海現法と合弁

韓国の旅行代理店大手の日本法人ハナツアージャパン(東京都港区)は11日、英旅行大手トーマス・クックの上海現地法人と、中国圏からのインバウンドビジネスを手掛ける合弁会社を東京に設立すると発表した。

新会社「Kuyi HANATOUR JAPAN」は4月にも設立する。資本金は2,000万円で、出資比率はハナツアージャパンが51%、トーマス・クックの上海現法が49%となる。

ハナツアージャパンは日本、トーマス・クックは中国でそれぞれ持つ豊富な実績を生かし、さらなる顧客の獲得を目指す狙いだ。


関連国・地域: 中国-上海韓国日本欧州
関連業種: 観光

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:コービー・ブライアント…(10/14)

中国訪台規制、影響が鮮明化 国慶節効果なく、リストラ続出も(10/14)

1~8月の投資認可額46%増、中国が3割超(10/14)

米中が貿易協議で部分合意 15日の関税引き上げ凍結(10/14)

小米出資の家電3社、日本市場へ進出(10/14)

経済交流や印企業の投資拡大、中印首脳会談(10/14)

安川電機の純利益66%減、米中貿易摩擦が影響(10/14)

集中暖房で石炭使用も容認、李首相(10/14)

AD調査を半年延長、日台の工作機械(10/14)

運用資産残高、今後5年は伸び鈍化の予測(10/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン