双日、スマトラの一般炭炭鉱の出資引き揚げ

双日は11日、インドネシアのスマトラ島で一般炭の炭鉱を保有するバラ・アラム・ウタマ(BAU)の全保有株式(30%)を売却することで合意したと発表した。双日の広報部担当者によると、具体的な売却先や金額、時期などは非公表としている。 売却の理由については、世界的な環境…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タクシー運転手が隣の州…(04/01)

アジアがマイナス成長も、コロナ直撃=世銀(04/01)

【コロナアンケート】新型コロナで「生産減」56% サプライチェーンの影響も6割超(04/01)

コロナ対策の支出2.7兆円、財政赤字5%に(04/01)

外国人の入国・トランジットを当面禁止(04/01)

ガルーダ、バリ―成田直行便も4月減便(04/01)

地方政府の特別割り当て予算、実行中止要請(04/01)

銀行が救済策、新型コロナで窮状の企業対象(04/01)

低所得層向け電気料金、無償化や5割引きに(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン