輸入小麦価格1.7%下げ、TPP効果

【共同】農林水産省は8日、今年4月期(4~9月)の輸入小麦の政府売り渡し価格を、主要5銘柄の平均で昨年10月期に比べ1.7%引き下げ、1トン当たり5万4,630円にすると発表した。引き下げは5期(2年半)ぶり。環太平洋連携協定(TPP)の発効に伴う実質的な関税「輸入差益…

関連国・地域: 日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

KDDIと住商がゲーム事業 2年でシェア1割目指す(05/23)

華為が独自OSか、グーグル対抗(05/23)

車輸入が通年で過去最高へ 長引く検査、116号の課題は山積み(05/23)

アイカ工業、ベトナム初の化粧板工場を開所(05/23)

円借款823億円承認、2大都市の整備に活用(05/23)

猶予期間中はソフト更新、米グーグルが声明(05/23)

日産、EV充電器設置で台湾系デルタを選定(05/23)

華為取引停止拡大、日本での新機種不透明に(05/23)

全日空商事、空港にフードコート2号店(05/23)

米が農産物の早期開放要求、車関税撤廃には難色(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン