輸入小麦価格1.7%下げ、TPP効果

【共同】農林水産省は8日、今年4月期(4~9月)の輸入小麦の政府売り渡し価格を、主要5銘柄の平均で昨年10月期に比べ1.7%引き下げ、1トン当たり5万4,630円にすると発表した。引き下げは5期(2年半)ぶり。環太平洋連携協定(TPP)の発効に伴う実質的な関税「輸入差益…

関連国・地域: 日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

手技整体「平松式」が海外1号店 健康維持に貢献、人材育成も視野(16:31)

テイクオフ:未曽有の大型台風が日本…(10/15)

【予定】15日 参院予算委員会ほか(10/15)

つながる工場、自動化が壁に 第4次産業革命「不可避」も(10/15)

工作機械輸出が今年2割減へ 業界団体幹部、年末に下げ拡大(10/15)

いすゞがピックアップを刷新 8年ぶりに、海外市場の販売強化(10/15)

予算案の税制措置は緩和方向 景気弱含み配慮、日系にも恩恵(10/15)

日本路線利用客、9月は3割減 ボイコットジャパンの余波依然(10/15)

きらぼし銀行、コンサル現地法人を正式開所(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン