• 印刷する

サムスンに関税撤廃の提案、テレビ生産で

インド政府は韓国のサムスン電子に対し、インド国内でのテレビの生産再開を求めている。交換条件とするのは、オープンセル方式の液晶パネルの輸入に対する関税の撤廃だ。政府高官の話として、エコノミック・タイムズ(電子版)が5日に伝えた。

業界の要望で後に5%に引き下げられたが、政府は2018/19年度(18年4月~19年3月)予算案でオープンセル方式の液晶パネルの輸入に10%の関税を課していた。その後、サムスンはテレビの生産をベトナムに移しており、インド政府が推進する製造業振興策「メーク・イン・インディア」の痛手となっている。政府が出した交換条件は、LG電子など、他のメーカーの要望にも沿うものだ。ただ、これまでのところ、政府とサムスンの協議に大きな進展はないもようで、同高官は、サムスンは「態度を明確にしていない」と述べている。

同高官は一方で、サムスンによる生産移管は既定路線で、関税の導入は「(移管を決めた)一つのきっかけ」として使われたと指摘した。インドは東南アジア諸国連合(ASEAN)と自由貿易協定(FTA)を結んでおり、ベトナムとの取引にも適用されるためだ。

インド南部チェンナイのサムスンのテレビ工場では、1年に約30万台が生産されていた。同高官の情報について、サムスンは見解を明らかにしていない。


関連国・地域: 韓国インド
関連業種: 電機マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

技術者1万人雇用で事業強化 テクノプロ、高まる人材需要に対応(11/22)

社会混乱、7割が業務に影響 NNA調査、事業撤退へ懸念も(11/22)

タタコンサル、R&Dで米クアルコムと連携(11/22)

通信各社の未払金、一部に2年間の猶予(11/22)

インド、商工会議所の開設を検討(11/22)

中国二輪の春風、インドで初のショールーム(11/22)

アポロタイヤ、設備投資予定額を大幅に縮小(11/22)

電気バスの応札価格、支払い懸念で上昇傾向(11/22)

パーム油輸入、業界が関税引き上げ要求(11/22)

労使関係法案に閣議承認、有期雇用を明確化(11/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン