• 印刷する

日本企業、健康食品の商談サービス提供

ウェブポータルメディア運営事業を手掛けるケースレポートジャパン(東京都中央区)は5日、ベトナムで健康食品・化粧品のOEM(相手先ブランド生産)や原料取引に特化した商談マッチングサービス「シイレベトナム」の提供を開始したと発表した。

「シイレ」は、同社が今年1月に提供を開始した、原料の卸しや商品の生産を希望する受託企業と、商品の生産委託や購入を希望する発注企業を効率的にマッチングするOEMの見積もり比較サービス。登録企業は、パソコンやスマートフォンを使い、管理画面で商品検索や見積もり、商談ができる。

日本とベトナム両国から商談が舞い込むようになっており、ベトナムのバイヤーとの取引に際しては、日本語対応可能な専門スタッフが翻訳するため、日本語でやり取りできる。発注企業はすべてのサービスを無料で利用でき、受託企業も商談した分のみ利用料を支払う仕組みになっている。

経済成長が著しいベトナムでは、日本商品に対する購買意欲が高いことに加え、健康意識の高まりから健康食品市場が拡大しており、日本企業にとっては、新規参入や市場拡大の余地があるとされる。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 小売り・卸売りサービス

その他記事

すべての文頭を開く

日系IBL、実用化の先頭へ 存在感増す越ブロックチェーン開発(03/21)

食品輸入の環境改善へ、日越官民が意見交換(03/21)

ホンダ・ベトナム、4月に新社長就任(03/21)

韓国ロジスバレー、北部に物流センター開設(03/21)

ベトジェット、カントー市に3路線就航へ(03/21)

ファストゴー、HCM市が事業承認を提案(03/21)

家具各社が生産拠点分散、米中リスク回避で(03/21)

航空機部品製造、相次ぐ越進出(03/21)

韓国デウォン、越中部で3件の都市開発(03/21)

滋賀のオプテックス、越環境省関係者に研修(03/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン