上場大手30社の総利益、18年は18%減

マレーシア証券取引所(ブルサ・マレーシア)のクアラルンプール総合指数(KLCI)を構成する銘柄企業30社(FTSEブルサ・マレーシア=FBM・KLCI構成企業)の総利益は昨年、前年比18.1%減の505億8,000万リンギ(約1兆3,880億円)だった。 5日付スターなどによると…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:当地では、出産した女性…(03/20)

2月の新車販売は1.8%減に 商用車2桁減、SUVがけん引役(03/20)

RM=27.3円、$=4.07RM(19日)(03/20)

空港MAHB、規制資産ベースで資金調達へ(03/20)

グラブ、配車キャンセル料最大5リンギ徴収(03/20)

エアアジア、ソニーの最上位ヘッドホン採用(03/20)

建設業、中期的に改善見通し=MIDF(03/20)

メトロニク、スマートシティで中国社と覚書(03/20)

ペトロベトナムの海外事業、大半が赤字(03/20)

ロッテ、インドネシア石化工場の整地で契約(03/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン