今年の投資申請はEECがけん引=BOI

タイ投資委員会(BOI)は、今年の投資申請では、東部3県(チャチュンサオ、チョンブリ、ラヨーン)の経済特区(SEZ)「東部経済回廊(EEC)」開発がけん引役になると見込んでいる。政府が巨大インフラ整備事業を進めるとともに、投資奨励策を打ち出していることが要因。…

関連国・地域: タイ
関連業種: 自動車・二輪車電機食品・飲料医療・医薬品化学運輸IT・通信観光マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:電車に乗っていたら、車…(10/16)

18年度外国投資は3割増 開放政策で、シンガポールけん引(10/16)

日立が昇降機の子会社、事業を本格化(10/16)

融資規制が打撃、実需に注力 タイ不動産市場の最新展望(上)(10/16)

メガシティー、ホテル・オフィスの開発推進(10/16)

新たな土地評価額の適用、21年まで延期(10/16)

不動産ナワラット、中国合弁とビル建設(10/16)

空港高速鉄道、契約に用地収用への対応追加(10/16)

個人商の国境貿易、18年度は590億チャット(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン