• 印刷する

2月の香港PMI、拡大も11カ月連続50割れ

英市場調査会社のIHSマークイットが5日発表した2月の香港購買担当者指数(PMI、季節調整済み)は48.4だった。前月から0.2ポイント拡大したものの、「景気拡大」を示す節目の50を11カ月連続で下回っており、「香港の民間企業の事業環境はより一層悪化した」と指摘した。

PMIは景気指標の1つで、50超が景気拡大、50未満が縮小を意味する。香港では企業約300社を対象に行ったアンケート調査の結果を基に算出しており、2月は12~25日に調査した。

2月は需要の低迷が続いた。中国本土向けの輸出受注が著しく減少したことで、全体の新規受注はさらに縮小した。その結果、生産高は11カ月連続の減少。受注残も減った。企業は在庫を持つことに慎重になり、購買活動を削減。購買品在庫の減少幅は8カ月で最大となった。従業員数は14カ月連続で減った。

IHSマークイットの首席エコノミスト、バーナード・アウ氏は、「企業は運営コストの上昇、労働力不足、競争の激化、米中貿易摩擦に対して懸念を抱いており、依然として将来的な成長を悲観している」と指摘した。


関連国・地域: 香港
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【マーケット情報】商品市況・為替・株式(2019年04月19日時点)(04/22)

運送大手の順豊、合弁でベトナム物流事業(04/22)

テイクオフ:「英会話ができたらいい…(04/18)

富裕層が過去最高人数に 人口の9%、住宅が主力資産(04/18)

預金で資産形成、中間層の6割=調査(04/18)

香港企業は自社製品開発を、輸出商会会長(04/18)

3月の訪日香港人は2桁減、連休のずれで(04/18)

訪日香港人の1Q旅行支出、16万円に(04/18)

豪産ワギュウの農場、香港に月2500キロ輸出(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン