• 印刷する

テイクオフ:運転免許証の更新のため…

運転免許証の更新のため、シドニーのサービスセンターを訪ねた。視力検査を済ませ、料金はカードで支払い、15分で更新が完了した。次回は自宅からオンラインで更新できるよ、と言われ早々とセンターを出た。

一方で、昨年日本に一時期国した際に日本の免許証も更新したが、実に半日を費やしたのを思い出す。申請書の記入から、物々しい装置での視力検査や現金での支払いなど、何度もカウンターを行き来した。

一般的に、オーストラリアはハイテクの国とは思われていない。今回の免許更新も最新技術を用いてはいない。しかし物事を効率的に処理しようとしているのは、日本に先んじているようだ。次回、本当にオンラインで更新できたとしたら、足掛け10年同じ顔写真だが、そこはオーストラリアのこと、「No worries」と割り切っているのだろう。(尋助)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本の環境省が公開した…(08/16)

豪州の防疫強化税、導入遅延 海運業界が猛反発(08/16)

資源依存の中国、豪には強硬態度を取れず?(08/16)

国税局、法律事務所の流出書類利用が可能に(08/16)

7月失業率4カ月連続で横ばい、就業者増も(08/16)

豪ショッピングCの賃料収入、今後10年苦しい(08/16)

豪大手の会計手数料、4割以上が非監査業務(08/16)

VIC、発電所故障で夏季に電力価格高騰か(08/16)

豪の資源中小企に機会、EV普及見込みで(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン