増加するごみに埋め立て処分場の整備進まず

インドネシアでは、増え続けるごみに処理場の整備が追いつかない状態が続いている。2008年に施行された『ごみ処理法』は、各自治体に埋め立て処分場の設置を求めているにもかかわらず、土地にごみをそのまま投棄する開放投棄処分場は16年の45%から18年には56%まで拡大した。4日…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

国営兵器ダハナ、東ティモールに推進剤工場(13:57)

越発の自助クラブ、拡大へ 東南ア「発展途上の老い」(下)(11/13)

テイクオフ:アパートの決まりごとが…(11/13)

三菱自、新MPV世界初披露 エクスパンダーの上位モデル投入(11/13)

住商系SCSK、今月正式開業へ(11/13)

投資のポジティブリスト策定、来年から実施(11/13)

日本大使が投資庁長官を表敬訪問(11/13)

チリウン川の自動ごみろ過装置、予算案承認(11/13)

ニッケル鉱石の一時輸出停止、9社を解除(11/13)

インドネシア社、リコジ16の保有率18%に(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン