• 印刷する

韓国大字バス、ヤンゴンで月内に生産開始

韓国のザイル大宇バスとミャンマー地場ミャンマー・トレード・センター(MTC)の合弁会社「大字バス・ミャンマー」は、3月中にミャンマー最大都市ヤンゴンのミンガラドン郡区でSKD(セミノックダウン)方式による大宇ブランドのバスの生産を開始する。同社のチョー・チョー・アウン社長が2月28日、記者会見で明らかにした。イレブン電子版が伝えた。

大字バス・ミャンマーは2017年3月設立。工業省が所有する14エーカー(約5.67ヘクタール)の土地を35年間借り、1,000万米ドル(約11億円)を投じてBOT(建設・運営・譲渡)方式で工場を設立した。当初の年産能力は500台。

大型の「BS―106」のほか、ミニバス「レスター(Lestar)」を生産する。サービス拠点は、ミンガラドン郡区、ミャンマー第2の都市マンダレー、首都ネピドーに置く予定だ。BS―106は約8万5,000米ドル、レスターは約4万5,000米ドルで4月から販売する。

チョー・チョー・アウン社長は、「ミャンマーだけでなく周辺国でも販売したい。品質は韓国で生産されるバスと変わらない」と自信を持つ。大字は、韓国や中国、ベトナムなどにおいて年1万5,000台をセミノックダウン方式で生産しており、ミャンマーは8カ国・地域目となる。ミャンマーで生産する部品は、現時点では10点ほどにとどまる。


関連国・地域: 韓国ミャンマー
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

水インフラなど新領域拡大も ヨマ傘下FMI、アヤラと提携で(11/20)

昭和産業と岡谷鋼機、鉄筋加工工場が増強(11/20)

太陽光発電で電気料の負担減が可能=IFC(11/20)

米国、カチン州で包括的な農業支援実施へ(11/20)

少数武装勢力、ラショー空港の攻撃否定(11/20)

ラカインのネット遮断、150日が経過(11/20)

タイ3社、ミャンマーの太陽光発電所を稼働(11/20)

有権者の投票資格を変更へ、少数民族が懸念(11/20)

採掘免許、1年余りで全国1251鉱区に付与(11/20)

ヤンゴンで福岡祭り、12月7日から(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン