業種別の最低賃金、導入調整に2年は必要

マレーシアのM・クラセガラン人的資源相は、業種別の法定最低賃金導入は早くても約2年後になるとの見方を示した。国営ベルナマ通信などが3日に伝えた。 同相は先月25日、全国一律の最低賃金(1,100リンギ=約3万220円)に代え、業種別に法定最低賃金を設定するとの見解を表明…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:首都クアラルンプールに…(07/22)

空港税問題、高裁がエアアジアに支払い命令(07/22)

高速バスのウィラー、東南アジア展開を加速(07/22)

首都圏で19日に断水、契約者117万件に影響(07/22)

RM=26.1円、$=4.11RM(19日)(07/22)

格付け「Aマイナス」で据え置き、フィッチ(07/22)

一帯一路への参加は慎重に検討を、元貿産相(07/22)

サプラエナジー、主力3事業の黒字化に期待(07/22)

ペトロナス化学部門、120億ドルの投資計画(07/22)

手袋スーパーマックスがス州で工場用地取得(07/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン