業種別の最低賃金、導入調整に2年は必要

マレーシアのM・クラセガラン人的資源相は、業種別の法定最低賃金導入は早くても約2年後になるとの見方を示した。国営ベルナマ通信などが3日に伝えた。 同相は先月25日、全国一律の最低賃金(1,100リンギ=約3万220円)に代え、業種別に法定最低賃金を設定するとの見解を表明…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:当地では、出産した女性…(03/20)

2月の新車販売は1.8%減に 商用車2桁減、SUVがけん引役(03/20)

RM=27.3円、$=4.07RM(19日)(03/20)

空港MAHB、規制資産ベースで資金調達へ(03/20)

グラブ、配車キャンセル料最大5リンギ徴収(03/20)

エアアジア、ソニーの最上位ヘッドホン採用(03/20)

建設業、中期的に改善見通し=MIDF(03/20)

メトロニク、スマートシティで中国社と覚書(03/20)

ペトロベトナムの海外事業、大半が赤字(03/20)

ロッテ、インドネシア石化工場の整地で契約(03/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン