• 印刷する

〔ポッサムのつぶやき〕若者の失業率、東部3州の地方で最高25%超!

オーストラリアの若者の失業率が、ビクトリア(VIC)州とニューサウスウェールズ(NSW)州、クイーンズランド(QLD)州の地方で最も高いことが、貧困対策グループのブラザーフッド・オブ・セントローレンスの調査で分かった。4日付エイジが伝えた。

VIC州で若者の失業率が最も高いのはベンディゴで18.3%、シェパートンは17.5%だった。NSW州ではコフス・ハーバーが23.3%と、QLD州内陸部の25.7%に次ぐ高さとなっている。オーストラリアの1月の失業率(季節調整値)は5.0%で、QLD州内陸部の若者の失業率はその5倍以上となっている。

全国的に見ると、職のない若者の数は25万人。調査リポートは、職場訓練の機会を得られなかった若者や、高等教育を受けていない若者が直面するリスクの高さを指摘している。メルボルンの西部、若者の失業率が15.5%のケアンリーに住むマデリン・ライさんは、ラトローブ大学を2017年に卒業し動物・獣医バイオサイエンスの学位を持つが、実務経験がないという理由で正社員の仕事がいまだに見つからないでいる。

ブラザーフッド・オブ・セントローレンスのエグゼクティブ・ディレクターであるコニー・レネバーグ氏は、経済成長が28年間続いているにもかかわらず、多くの若者が労働市場から締め出されていると指摘。将来の労働力を確保しきちんとした仕事の機会を創出するためにも、各地の労働市場に適した構造的な解決策が必要だと訴えている。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:たっぷり10分は遅れて…(09/13)

豪企業、アジア収益50%以下 機会拡大も生かしきれず(09/13)

バイオセキュリティー税、豪政府が見直しへ(09/13)

豪のリサイクル不備、年3.24億ドルの損失に(09/13)

豪石炭の需要、パリ協定下でも年4.5%減に(09/13)

サイムダービー、豪で高級車販売権を買収へ(09/13)

アクランド炭鉱拡張、再審予定も見通し不明(09/13)

天斉リチウム、WA工場の拡張工事を延期(09/13)

NSW水不足深刻、製造業・鉱業にリスク(09/13)

ブリスのオフィス投資額、08年以来の高水準(09/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン