• 印刷する

コンビニで冷凍製品人気、飲酒文化の変化で

韓国で酒のつまみの嗜好(しこう)が変化している。コンビニエンスストアCUを運営するBGFリテールは4日、豚足や鳥もも肉の燻製など冷凍製品の売上高が前年比で51.1%増加したと発表した。ワインや日本酒などの晩酌が増えるなど、韓国人の飲酒文化が多様化していることが背景にあるという。聯合ニュースが伝えた。

冷凍製品の売上高は3年連続で前年比約5割前後の増加。ピーナッツやイカなど乾物の売上高の増加率(4.2~16.5%)を大きく上回った。CU関係者は「(ビールと焼酎が中心だった)韓国人の飲酒文化が多様化し、つまみの嗜好が変化している」と分析している。

CUは今後も、冷凍製品の新製品開発に力を入れていく考えだ。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本と同様に韓国も「四…(11/21)

仁川空港、拡張競争に参戦 「アジアのハブ」奪還へ大型投資(11/21)

エアプサン、仁川発着の中国・台湾便就航(11/21)

10月の訪日韓国人65.5%減、日韓対立が響く(11/21)

10月の生産者物価、4カ月連続で下落(11/21)

20年成長率、ムーディーズが2.1%と予測(11/21)

韓国のPM2.5、5割は国内要因で発生(11/21)

SKT、5G活用のVR事業に本腰(11/21)

サムスン、インドでテレビの生産再開へ(11/21)

韓国ロッテ化、投資額を43億ドルに引き上げ(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン