• 印刷する

MSCI指数のA株係数拡大、創業板銘柄も

MSCI株指数を算出・公表する金融サービス企業の米MSCIは2月28日、MSCI指数へのA株(人民元建て普通株式)の組み入れ係数を、現行の5%から20%へと段階的に引き上げることを最終決定したと発表した。多くの国際的な機関投資家から幅広く意見聴取を実施した結果に基づき、引き上げを決めたと説明している。

組み入れ係数は5月の指数見直し時にまず10%に引き上げる。その後は8月の見直し時に15%に、11月の見直し時に20%にそれぞれ上げる。

MSCI幹部は、係数5%での組み入れ成功が国際的な機関投資家に評価されたことと、ここ数カ月の取引停止銘柄の急減が、引き上げ決定を後押ししたと説明した。

中国証券監督管理委員会(証監会)は1日、MSCIの決定を歓迎すると表明。海外の投資家が中国の資本市場の改革開放を積極的に評価し、中国経済の健全な運営を信頼していることの表れとの見方を示した。その上で、海外の長期資金が中国の資本市場に流入することを引き続き歓迎するとした。


関連国・地域: 中国-全国米国
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

帰還、「準備したが実行できず」と政府発表(08/24)

イケア、中国に来年度100億元を投資(08/23)

武装勢力が爆破の橋、完全復旧までに1カ月(08/23)

車タンチョン、上半期はCLMV好調で増収(08/23)

財政部「貿易戦に強い恩恵」 振り替え受注で、輸出押し上げへ(08/23)

観光相がバス事故の中国人負傷者を慰問(08/23)

「景気後退のリスク高い」 財政長官、警戒姿勢強める(08/23)

民営企業ランク、首位は華為 米中摩擦や人件費の課題も(08/23)

東亜銀、社会不安による経済圧迫を警告(08/23)

「証照分離」を大幅拡大、自貿区で12月から(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン