• 印刷する

MSCI指数、A株組み入れ比率の拡大決定

MSCI株指数を算出・公表する金融サービス企業の米MSCIは2月28日、MSCI指数へのA株(人民元建て普通株式)の組み入れ比率を、現行の5%から20%へと段階的に引き上げることを最終決定したと発表した。多くの国際的な機関投資家から幅広く意見聴取を実施した結果に基づき、引き上げを決めたと説明している。

組み入れ比率は5月の指数見直し時にまず10%に引き上げる。その後は8月の見直し時に15%に、11月の見直し時に20%にそれぞれ上げる。

MSCI幹部は、5%の組み入れ成功が国際的な機関投資家に評価されたことと、ここ数カ月の取引停止銘柄の急減が、引き上げ決定を後押ししたと説明した。

中国証券監督管理委員会(証監会)は1日、MSCIの決定を歓迎すると表明。海外の投資家が中国の資本市場の改革開放を積極的に評価し、中国経済の健全な運営を信頼していることの表れとの見方を示した。その上で、海外の長期資金が中国の資本市場に流入することを引き続き歓迎するとした。


関連国・地域: 中国-全国米国
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

HSBC保険部門、今年2桁台増収へ(13:03)

AIと実体経済の融合推進、深化改革委(12:06)

国際特許、アジアが過半数=18年出願(03/20)

テイクオフ:地下鉄に乗っているとさ…(03/20)

国内最長の橋建設、中国が2億ドル援助(03/20)

原発が4年ぶり新規着工へ 福建と広東、20年向け建設加速か(03/20)

昨年の国際特許出願、中国は2位を維持(03/20)

和平実現、想定より時間が必要=米大使(03/20)

中国銀行、商業省内に「中国デスク」設置へ(03/20)

中国企業のM&A、一帯一路沿線国で増加(03/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン