ブランド力低下に拍車も、リコール相次ぐスバル

【共同】SUBARU(スバル)が大規模なリコール(無料の回収・修理)を相次ぎ実施している。多額の関連費用は業績にマイナスで、検査不正で傷を負ったブランド力がさらに低下する懸念もある。 スバルは昨年、エンジン関連部品の不具合により、国内外で約41万台のリコールを実施…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

SKハイニックス、東京でイメージセンサー研究(15:42)

【会員情報NOW!】ダイキン、豪州事業50周年記念式典を開催(16:25)

越発の自助クラブ、拡大へ 東南ア「発展途上の老い」(下)(11/13)

AV事業で人員3割減、オンキヨーが合理化策(11/13)

住商が電動バス最大手に出資 台湾域内外で販売協力(11/13)

マツダ、SUV「CX―8」を投入(11/13)

アシアナ売却、HDCに交渉権 航空業界に再編の波も(11/13)

東芝が親子上場の解消検討、プラントなど候補(11/13)

10月車販売は5%減の35万台 12カ月連続減、乗用車はプラス転換(11/13)

三菱自、新MPV世界初披露 エクスパンダーの上位モデル投入(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン