地場建設会社、中国企業撤退で好機

マレーシアの建設業界は政府による大型公共事業の凍結などで厳しい状況にあるが、中国企業の撤退で競争が緩和し、地場企業の商機が拡大するとの見方が出ている。1日エッジ・ファイナンシャル・デーリーが伝えた。 地場建設会社クルジャヤ・プロスペク・グループのティー・エンホ…

関連国・地域: 中国マレーシア
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:首都クアラルンプールに…(07/22)

空港税問題、高裁がエアアジアに支払い命令(07/22)

高速バスのウィラー、東南アジア展開を加速(07/22)

首都圏で19日に断水、契約者117万件に影響(07/22)

RM=26.1円、$=4.11RM(19日)(07/22)

格付け「Aマイナス」で据え置き、フィッチ(07/22)

一帯一路への参加は慎重に検討を、元貿産相(07/22)

サプラエナジー、主力3事業の黒字化に期待(07/22)

ペトロナス化学部門、120億ドルの投資計画(07/22)

手袋スーパーマックスがス州で工場用地取得(07/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン