• 印刷する

税制上の国外居住、一時滞在用アパートも可

海外のサービスアパートメントに住むオーストラリア人の税制上の居住性を問う裁判において、連邦裁判所はこのほど、一時滞在を目的とするサービスアパートでも、海外に居住していると見なせるとの判断を下した。税務専門家らは連邦裁判所の見解を「一般常識に沿ったもの」として歓迎しているが、税制上の居住規定には現代的な生活スタイルが十分に反映されておらず、不明確な点が多く残されているという。1日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが報じた。

今回の裁判は、オーストラリア国税局(ATO)が、2009年にバーレーンに移り住んだグレン・ハーディング氏の納税義務を訴えたもの。ATOは、同氏が国外に永住目的の住居を構えておらず、サービスアパートに住んでいたことから、海外居住とは認められないと主張していた。ハーディング氏は11年末に妻子がバーレーンに移り住むのを待つ間、1カ所のサービスアパートで家具付きの部屋を転々としていたという。

しかし、連邦裁判所はATOの主張を退け、ハーディング氏がオーストラリア国内での居住を放棄する状態にあったと判断。バーレーンでサービスアパートに住んでいたのは、家族が移住した後に住宅を購入しようと考えていたためだとし、「長期滞在のための住宅を探す数年の間、一時滞在用の宿泊施設や賃貸物件を利用するのは一般的なこと」との見解を示した。

会計大手KPMGのパートナー、アブリーン・サオウド氏は「今回の結果は、21世紀のわれわれの生活スタイルに即したもの」と述べ、連邦裁判所の見解を歓迎している。国内の居住規則に関しては現在、税制審議会(BOT)が見直しを進めている。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:2大スーパーのコールズ…(03/22)

豪失業率、8年ぶり5%下回る 好転も労働参加率下落には警戒感(03/22)

労働党の税改革案、不動産市場さらに低迷へ(03/22)

WA州、ネガティブギアリングの不動産多く(03/22)

NSW労働党、東部州高速鉄道開発を重視(03/22)

LNG・製造業、労働党のCO2削減案懸念(03/22)

大手企95%が完全納税、タスクフォース成果(03/22)

労働協約システムへの不満、大手企業で増加(03/22)

残虐動画の流出防止、首相が通信企と協議へ(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン