• 印刷する

店内広告ショッパープラス、事業を本格展開

店内広告を専門とする広告会社ショッパープラス・ミャンマーは、ミャンマーの小売り最大手シティマート・ホールディングス(CMHL)と提携し、最大都市ヤンゴンで本格的に事業を開始した。ミャンマー・ビジネス・トゥデー(電子版)が2月27日伝えた。

ショッパープラス・ミャンマーは、地場流通大手パタマ・グループとマレーシアの広告会社ショッパー360の合弁企業。

パタマ・グループ傘下のCMHLが運営する大型スーパー「マーケットプレイス」の「6.5マイル地区店」(ピー通り)の店内で、本格的な広告事業を開始。買い物カートやレジ台に広告を掲載したり、店内で販促キャンペーンを実施したりする。既にスイス系食品大手ネスレ・ミャンマー、アサヒグループホールディングス(HD)と地場飲料大手ロイヘインとの合弁会社アサヒ・ロイヘイン、シンガポール飲料大手フレーザー&ニーブ(F&N)などと広告契約を結んだ。

CMHLは、マレーシアで30年以上にわたって店内広告を展開しているショッパー360の経験と実績を評価し、ショッパープラスとの提携を決定したとしている。


関連国・地域: ミャンマーマレーシア
関連業種: 小売り・卸売りメディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

2月投資認可額は4.4億ドル 前月から横ばい、目標の3割に(03/20)

アパート法の早期成立、建設業協会が要請(03/20)

タイ・ミャンマー国境の第2友好橋が開通(03/20)

ウェーブマネー、MEB銀と年金支払い業務(03/20)

和平実現、想定より時間が必要=米大使(03/20)

縫製品のCMP輸出、3月までで45%増(03/20)

混合食用油の合法化を、業界団体が要望(03/20)

10~1月の対日貿易額、6億米ドル超(03/20)

タイ国境からキャベツ輸出、1日150トンに(03/20)

ペトロベトナムの海外事業、大半が赤字(03/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン