ヤンゴン市、医療廃棄物管理にバーコード

ミャンマーのヤンゴン市開発委員会(YCDC)は今年、世界保健機関(WHO)の基準に準拠したバーコードによる医療廃棄物管理技術を導入する計画だ。ミャンマー・タイムズ(電子版)が2月27日伝えた。 YCDC汚染管理・清掃局のアウン・ミン・モー副局長は「市内の病院から…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 医療・医薬品電力・ガス・水道社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

6月外国投資、18年度最高に 年度累計で目標の5割突破(07/22)

香港のレッソ、ヤンゴンで商業複合開発(07/22)

ヨマ銀、ANZ銀出身の新CEOが9月就任(07/22)

チン州政府、電化率向上へ水力発電を推進(07/22)

ウェーブ・マネー、上半期送金額が1800億円(07/22)

ヤンゴン市、1150カ所にバス停設置へ(07/22)

東海航空、深セン―ネピドー直行便を就航(07/22)

H1N1型インフル、感染者59人に拡大(07/22)

独立の英雄追悼、アウン・サン将軍命日(07/22)

軍幹部への制裁強化を主張、国連報告者(07/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン