製造業者連盟、雇用法の適用拡大に反発

マレーシア政府が、1955年雇用法の労働時間制度が適用される月給基準の引き上げを検討していることに対し、マレーシア製造業者連盟(FMM)が「人件費の増大を招く」として反発している。一方で、FMMが政府系シンクタンクのマレーシア経済研究所(MIER)と共同で実施した…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

マレー系ディーラー47店撤退 プロトン、中国資本で躍進の陰で(12/06)

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化、NNA調査(12/06)

ブルーキャピタル、サバ州と土地の賃貸契約(12/06)

ジェイノベーションが新店舗(12/06)

スシロー、香港とシンガポール軸に海外展開(12/06)

RM1=26.1円、$1=4.17RM(5日)(12/06)

低所得向け医療保険、カバー範囲の狭さ課題(12/06)

中国汽車零件、地場企業の買収計画中止(12/06)

製造業者連盟、ガス自由化の遅延を懸念(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン