昨年12月の月額平均賃金、381万ウォン

韓国雇用労働省が2月27日に発表した「事業体労働力調査結果」によると、2018年12月の常用労働者1人以上の企業における1人当たりの月平均賃金は前年同月比5.5%増の380万8,000ウォン(約37万7,000円)だった。 産業別で平均賃金が最も高かったのは「電気、ガス、水道事業など」…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:過去問をひたすら解く毎…(07/17)

サムスンは迂回輸入で調達か トップ帰国、輸出規制に備え(07/17)

フッ化水素の国産品テスト、半導体大手2社(07/17)

現代自、EV事業に200億ルピーの投資計画(07/17)

経産相が韓国主張に不快感、「事実と違う」(07/17)

現代自、1~6月の販売9%増(07/17)

三菱重資産売却「早期に」、回答期限超過で(07/17)

韓国経済団体が日本に意見書、輸出規制で(07/17)

ロッテ会長が日本出張から帰国、対応に注目(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン