• 印刷する

マレーのWA、南部のカジノリゾートを運営

マレーシア系のホテル運営会社WAホスピタリティーは、南部シアヌークビル州で建設中の高所得者向け娯楽施設ウォン・マジェスティック・カジノ・ホテル&リゾートの運営権を取得した。クメール・タイムズ(電子版)が2月28日伝えた。

同施設は2021年1~3月の開業が見込まれている。WAホスピタリティーによると、中国と東南アジア諸国からの個人旅行客を狙うという。1年目の客室稼働率は80%を見込む。

2018年のカンボジアの観光収入は、前年比約20%増の43億米ドル(約4,700億円)だった。


関連国・地域: カンボジアマレーシア欧州
関連業種: 観光

その他記事

すべての文頭を開く

シアヌークビルにSEZ開設、4カ所で計画(11/20)

低い生産性、タイに追いつけ 経営改革へ「日本式」伝搬(上)(11/20)

国内初の原油生産、来年上半期に開始へ(11/20)

精米輸出大手、韓国系とパーム糖の加工工場(11/20)

N・ボパ・デビ王女死去、舞踊の復興者(11/20)

日タイ企業は周辺国で連携を 調達・販売で補完関係=専門家(11/19)

バイオ燃料製造で資金調達、ソニー銀が支援(11/19)

シアヌークビルの道路34本、改修に3億ドル(11/19)

コッコン州の新空港、21年にも開業見通し(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン