• 印刷する

マレーのWA、南部のカジノリゾートを運営

マレーシア系のホテル運営会社WAホスピタリティーは、南部シアヌークビル州で建設中の高所得者向け娯楽施設ウォン・マジェスティック・カジノ・ホテル&リゾートの運営権を取得した。クメール・タイムズ(電子版)が2月28日伝えた。

同施設は2021年1~3月の開業が見込まれている。WAホスピタリティーによると、中国と東南アジア諸国からの個人旅行客を狙うという。1年目の客室稼働率は80%を見込む。

2018年のカンボジアの観光収入は、前年比約20%増の43億米ドル(約4,700億円)だった。


関連国・地域: カンボジアマレーシア欧州
関連業種: 観光

その他記事

すべての文頭を開く

IMF、カンボジア経済のリスク指摘(04/24)

開拓者、90年代から根を張る 看見カンボジア(1)躍動、台湾企業(04/24)

首相が一帯一路で訪中へ、複数覚合意も(04/24)

通信会社の対政府債務、返済期限を再設定(04/24)

財務省、中小企業銀行設立で経営幹部募集(04/24)

豚コレラの拡大続く、北部ラタナキリ州で(04/24)

タイエアアジア、7月にシアヌークビル便就航(04/24)

越からカンボジアへの投資額、累計29億ドル(04/24)

タイ国境の友好橋完成 新検問所に接続、生産分業加速も(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン