大同の新北住宅用地、茂徳機構傘下が落札

家電大手、大同(TATUNG)の完全子会社である尚志資産が売却を進めている新北市土城区の住宅用地の入札がこのほど行われ、デベロッパーの茂徳機構建設傘下の和碩開発が70億7,800万台湾元(約250億円)で落札した。工商時報が伝えた。 尚志資産が売却した新北市土城区の住宅…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 電機建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「上司の発案で、誕生日…(04/22)

JDIが2百億円借り入れ、INCJから(04/22)

日東紡、台湾でガラス繊維強化 建栄を子会社化、電子材料向け拡大(04/22)

科技部、エヌビディアと自動運転で提携(04/22)

会議欠席で鴻海解雇、最高法院で原告勝訴(04/22)

鴻海、米工場の計画見直し協議を受け入れ(04/22)

仁宝、スマート医療の新会社設立(04/22)

星能と元晶、台電の太陽光発電所建設で提携(04/22)

詩肯柚木、シンガの家具小売大手を買収(04/22)

ハミィ、EC事業を譲渡し台湾子会社解散へ(04/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン