悲観に傾く中国の米系企業 低成長予測目立つ、貿易摩擦影響

中国に進出する米系企業でつくる米国商工会議所が会員企業を対象に実施した調査によると、回答企業の54%が、属する業界の今年の成長率を5%未満と予測していることが分かった。米中貿易摩擦や事業環境の課題を背景に、市場の先行きを悲観する米系企業が目立つ。 米商議所は26日、…

関連国・地域: 中国-全国米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ナガ3号館の計画書まだ 財務経済省、着工時期は未定(05/22)

米企業に出荷停止広がる、華為禁輸措置で(05/22)

テイクオフ:枇杷(ビワ)が旬を迎え…(05/22)

米追加関税、5800億元に影響 IT製品生産額、華為も追い打ち(05/22)

成長率上限、2.5%に下方修正 米中貿易戦争の下振れリスク懸念(05/22)

米排除に強気姿勢、華為CEO(05/22)

華為CEO、「備えは十分」 米の締め付けに強気(05/22)

中国事業「今秋から回復」、三菱電機社長(05/22)

石油燃料車、50年に全面禁止も=民間予測(05/22)

タタ決算、JLR不振で2882億ルピーの赤字(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン