• 印刷する

テイクオフ:先週から観光名所のマー…

先週から観光名所のマーライオン像の定期清掃作業が始まった。5月6日までの期間中、口からの放水は止まり、像は囲いで覆われる。もともとは昨年10~12月に予定されていた作業が延期されていたもの。運悪く、今の時期にシンガポールを訪れた人は、世界的に有名な像を見ることはできない。

旅行に出掛けたはいいが、改修工事などで歴史的建造物の外観などが見られず、がっかりした経験は誰しもあるのでは。日本でも京都の清水寺が大規模な改修に入っている。シンガポールでは老舗高級ホテルのラッフルズ・ホテルが改修工事のため、休業中。外から見る限り工事はだいぶ進んでいるようで、今年半ばには営業が再開される見通しだ。

観光客にとってはうっとうしい定期清掃も改修工事も、長期的な保存や利用には欠かせない。一時的な不便は我慢して、よりきれいな姿を見せてくれるのを待つしかないだろう。(墺)


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

西部に鉄道試験センター、関連インフラ整備へ(16:41)

三菱地所、チャイナタウンの商業物件取得(16:13)

テイクオフ:チャンギ空港で17日に…(04/24)

サイバー対策専門家の需要増 法整備強化で、給与上昇圧力(04/24)

ヘン氏が5月から副首相、次期首相ほぼ確実(04/24)

3月インフレ率0.6%、サービス・食品が上昇(04/24)

不動産グオコ、2千億円事業の概要発表(04/24)

ベンチャーの清掃ロボット、新商業施設で稼働(04/24)

ブルーSGのEV充電設備、一般車両に開放(04/24)

中国の自転車シェアofo、事業免許剥奪(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン