• 印刷する

テイクオフ:先週から観光名所のマー…

先週から観光名所のマーライオン像の定期清掃作業が始まった。5月6日までの期間中、口からの放水は止まり、像は囲いで覆われる。もともとは昨年10~12月に予定されていた作業が延期されていたもの。運悪く、今の時期にシンガポールを訪れた人は、世界的に有名な像を見ることはできない。

旅行に出掛けたはいいが、改修工事などで歴史的建造物の外観などが見られず、がっかりした経験は誰しもあるのでは。日本でも京都の清水寺が大規模な改修に入っている。シンガポールでは老舗高級ホテルのラッフルズ・ホテルが改修工事のため、休業中。外から見る限り工事はだいぶ進んでいるようで、今年半ばには営業が再開される見通しだ。

観光客にとってはうっとうしい定期清掃も改修工事も、長期的な保存や利用には欠かせない。一時的な不便は我慢して、よりきれいな姿を見せてくれるのを待つしかないだろう。(墺)


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:駅の改札口でスマートフ…(11/20)

ユズに続く食材の販路開拓 高知県、外食産業を通じて(11/20)

IMD世界人材ランク、初のトップ10入り(11/20)

DBS銀、東南アジアで初めてEPs採用(11/20)

建設大手、グリーンローンなどで資金調達(11/20)

高島屋大阪店にアスコット入居、集客に期待(11/20)

フィンテック関連イベント、6万人参加(11/20)

IL&FSの道路資産2件、外国企業が取得へ(11/20)

【グラフでみるASEAN】対日貿易(9月)(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン