【ポスト軍政】継続された「一村一品運動」 農村経済に活路、若年層の参加も

タイ経済は、国内総生産(GDP)の6割以上をバンコク首都圏と工業地帯の東部3県が生み出す一方、人口の7割はそれ以外の地方に住んでいる。地方経済の底上げは古くて新しい課題だ。主要政党が「農家収入の底上げ」「地方へのUターン」の推進を掲げるが、軍政が地方経済の活性…

関連国・地域: タイ
関連業種: 繊維農林・水産マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今週末に近づいているタ…(03/20)

【ポスト軍政】庶民と対話したタクシン首相 ポピュリズムの現場、未完の約束(03/20)

タイ・ミャンマー国境の第2友好橋が開通(03/20)

国営通信CAT、首都の川沿いで観光開発(03/20)

工業団地アマタ、中国企業の移転需要増予測(03/20)

タマサート大、パタヤに高齢者向け複合施設(03/20)

呉竹荘、シラチャーでホテル開業へ(03/20)

タイ正月の旅行者は230万人予測=観光庁(03/20)

タイ国境からキャベツ輸出、1日150トンに(03/20)

2月の訪日タイ人、31%増の10.8万人(03/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン