• 印刷する

ECRL交渉、中国高官がマレーシア訪問へ

棚上げ状態となっているマレーシア東海岸鉄道(ECRL)事業の再開を目指す中国政府の交渉団が今月中にもマレーシア入りする見通しだ。マハティール政権の政策諮問機関「長老会議」のダイム・ザイヌディン議長が20日、南洋商報とのインタビューで明らかにした。

ダイム議長は「交渉は続いている。中国側は今月中にマレーシアを訪問する。以前自分が中国に招かれたが、行くことができなかったので、中国側をマレーシアに招いた」と述べた。中国政府はECRL事業や中国が提唱する広域経済圏構想「一帯一路構想」を担当する政府高官を派遣する見通しだという。

ダイム議長は交渉の見通しについて、「成果が上がることを期待しているが、容易なことではない。非常に複雑な事案であり、あまり触れないほうがよい。私が発言すれば誤解を招きかねないからだ」と言葉を選んだ。

 


関連国・地域: 中国マレーシア
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:昼時の半額セールにつら…(03/26)

中国から戦闘機購入も辞さず パーム油協議混迷、首相怒り心頭(03/26)

RM=27.0円、$=4.07RM(25日)(03/26)

ハイビスカス、19年は油井8本を掘削へ(03/26)

MAHB、KLIA拡張に向けて調査実施(03/26)

エアバス、マの年間売上5.5億ドル見通し(03/26)

廃棄自動車規制、自動車政策に盛り込み(03/26)

ワーション、韓国製建機を全国独占販売へ(03/26)

ゴム手袋トップグローブ、2Qは27%増収(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン