中油の戴董事長、労組が批判で退任か

石油元売り台湾最大手の台湾中油(中油)で、戴謙董事長を交代させる動きが出ているもようだ。戴董事長をめぐっては、本人の専門性が現在の職務に向いていないとして、中油の労働組合が戴氏の罷免の是非を問う全組合員投票を求める声が上がっていた。21日付工商時報などが伝えた。…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 天然資源雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

中国白物家電大手の美的、台湾に本格参入(20:13)

テイクオフ:約2カ月ぶりに香港のデ…(09/23)

8月の輸出受注8%減に 全品目・市場がマイナス成長(09/23)

日東メディック、ミャンマーに点眼剤を輸出(09/23)

鴻海、米ウィスコンシン州で新投資計画(09/23)

聯発科技、20年1月に5G対応チップ出荷へ(09/23)

鉄鋼ブルースコープがカルテル強要=競争委(09/23)

再生ウエハーの昇陽、14億元で生産増強(09/23)

アイフォーン新モデル、販売3割増予想も(09/23)

8月のスマホ販売約1割減、サムスンが1位(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン