• 印刷する

グラブ、政府の業界規制混乱にいらだち

東南アジアの配車アプリ大手、グラブのマレーシア法人、グラブ・マレーシアは、関係官庁による業界規制の動きが混乱していることにいらだちを募らせている。21日付マレーシアン・リザーブが伝えた。

グラブは特に、配車サービスの合法化に関して、陸運局(RTD)が当初議論されていなかった新たな許認可条件を次々と提示した点を批判。車内への消火器設置、特別な道路使用税標章の導入、車齢を問わない車検義務付けなどが一方的に提示され、ドライバーが財政的負担を感じていると訴えた。

同社は声明で「業界に対する規制の動きは歓迎するが、透明性と包括性が欠如しており、コスト増大、摩擦を生みかねない」と指摘。「順調な規制導入に必要なプロセスとインフラが軽視されていることに強い懸念を表明する」とした。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 運輸IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

三浦工業、KLに現法設立(10/18)

パイプ塗装ワーセオン、カタールに合弁工場(10/18)

ペナン交通計画の入札、来年下半期に実施へ(10/18)

地下経済からも徴税へ GDPの4分の1、SST拡大も(10/18)

来年の最低賃金見直し、与党議員が提言(10/18)

外国人労働者割合、来年めどに15%に(10/18)

過去4年半の自己破産は8万人、7割は男性(10/18)

RM1=26.0円、$1=4.18RM(17日)(10/18)

インソン最大の受注、南米企業から50億ドル(10/18)

高速道路PLUS、実業家が新たな買収提案(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン