• 印刷する

マンダレー郊外で大規模開発、ゴルフ場など

ミャンマーの不動産開発会社、プウィント・ピョー・ティトは、中部マンダレー管区パテインジー郡区で住宅地やゴルフ場などを含む広さ200ヘクタール以上の大規模開発を進めている。ミャンマー・タイムズ(電子版)が19日伝えた。

同社のテト・ルウィン・シュエ最高経営責任者(CEO)によると、開発地はマンダレー市の東、約6キロメートルに位置する。マンダレー市開発委員会(MCDC)が保有するゴルフ場を含む区画で、全体の広さは202ヘクタール。住宅地や学校、病院、ホテル、ショッピングモールを開発する。既に着工しており、3~6年以内の完成を目指すという。

広さ121ヘクタールある既存のゴルフ場(27ホール)は、36ホールの国際水準のゴルフ場に改修する。プウィント・ピョー・ティトがBOT(建設・運営・譲渡)方式で改修後、MCDCからのリースで運営する計画という。

同CEOは「マンダレーの発展を支援したい」とした上で「本事業は雇用を創出するだけでなく、政府はこの事業から収益を得ることができる」と話した。

フランスのアーキタイプ・アーキテクト・グループが台湾のMAAグループの技術コンサルティングを受けて設計し、建設は中国建築工程(CSCEC)が請け負うという。


関連国・地域: 中国台湾ミャンマー欧州
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

7月のインフレ、8.35%でまた上昇(12:52)

ヤンゴン駅開発で住商に打診 中国企業が連合脱落、再協議へ(09/19)

ヤンゴン外環道計画、物流拠点の建設も視野(09/19)

違法滞在の中国人に反発、カイン州で対策委(09/19)

中国と国境画定へ共同調査、24年ぶり(09/19)

チン州、若者が将軍像設置に反対(09/19)

発電容量560万KWに、能力拡張計画も進行(09/19)

天然ガス輸出額、8月までで14%増(09/19)

竹産業の発展を森林法が阻害=業界団体(09/19)

水協銀、ミャンマーで小口金融サービス(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン