〔オセアニアン事件簿〕覚せい剤まん延、シドニーはコカイン過多

オーストラリアで覚せい剤がまん延している実態が改めて浮き彫りになった。連邦政府の犯罪情報委員会(ACIC)によると、13カ月間に約93億豪ドル(約7,362億円)相当の薬物が摂取され、このうち8割が覚せい剤だった。シドニー・モーニング・ヘラルドが伝えた。 ACICの…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オージーはイージーゴー…(10/17)

都市再生機構、NSW州と契約 西シドニー開発を本格支援(10/17)

経済成長率予測、NZが豪上回る=IMF(10/17)

豪準備銀の利下げ効果減少、当面据え置きか(10/17)

豪の雇用システムは「崩壊」=業界団体(10/17)

RCEP妥結には相当な努力必要=豪貿易相(10/17)

国際送金企、豪ベンディゴ銀と提携(10/17)

スノーウィー水力発電の拡張、費用5倍の恐れ(10/17)

連邦と州、11億ドルで干ばつ地域ダム建設(10/17)

豪企業投資、資源ブーム前水準=デロイト(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン