【ポスト軍政】手付かずの税制改革を断行 土地建物税や相続税、富再配分へ

2014年から続くタイの軍事政権下で成果が見られた政策の1つとして、格差是正を目的とした新たな税法の制定が挙げられる。相続税や贈与税、固定資産税に当たる土地・建物税の各税法案を可決し、既に一部は施行された。歴代の政権はポピュリズム政策を打ち出しながら、富裕層が蓄え…

関連国・地域: タイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイの農村を訪れるたび…(05/27)

5年ぶり国会再開、議長選出 親軍政派が協調路線で政権発足へ(05/27)

枢密院議長プレム氏が死去、実力者の元首相(05/27)

4月の新車販売、8.7%増の8.6万台(05/27)

2019年4月のタイの新車販売台数(表)(05/27)

首都空港の商業権入札、失格のマイナー抗議(05/27)

物流ノルディック、タイで拠点立ち上げ(05/27)

政府、メソト空港拡張へ土地収用予算を拠出(05/27)

首都空港の隣接開発用地、年内に入札実施へ(05/27)

一般住宅の太陽光発電、買取受付が開始(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン