【ポスト軍政】広がる格差、貧困層支援に力 ばらまきか福祉か、批判も根強く

2014年に起きたクーデター後から続いたタイの軍事政権が、5年ぶりに民政へ移管される。3月24日の下院総選挙(定数500)に向け、各政党が公約を掲げて選挙戦を展開している。民主主義国家である以上、長引く軍政への批判は当然とも言えるが、この間の経済政策はどう評価されている…

関連国・地域: タイ
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:電車に乗っていたら、車…(10/16)

18年度外国投資は3割増 開放政策で、シンガポールけん引(10/16)

日立が昇降機の子会社、事業を本格化(10/16)

融資規制が打撃、実需に注力 タイ不動産市場の最新展望(上)(10/16)

メガシティー、ホテル・オフィスの開発推進(10/16)

新たな土地評価額の適用、21年まで延期(10/16)

不動産ナワラット、中国合弁とビル建設(10/16)

空港高速鉄道、契約に用地収用への対応追加(10/16)

個人商の国境貿易、18年度は590億チャット(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン