• 印刷する

《日系進出》小田急など4社、スリランカにホテル

スリランカ南部マータラ県の海岸。最大都市コロンボからは高速道路で2時間半の距離だ(NNA撮影)

スリランカ南部マータラ県の海岸。最大都市コロンボからは高速道路で2時間半の距離だ(NNA撮影)

小田急電鉄は20日、小田急グループのUDS(東京都渋谷区)、海外不動産投資コンサルティングのステイジアキャピタルホールディングス(東京都港区)、スリランカで投資事業を手掛けるTADランカと共に同国でリゾートホテル開発に着手すると発表した。総額25億円を投じ、2020年度の開業を目指す。

リゾートホテルはスリランカ南端のマータラ県ミリッサに建設する。現在は開発許可の申請段階で、客室数など施設の詳細は今後詰めていく。

小田急電鉄の広報担当者によると、スリランカを訪れる外国人旅行者は17年に約210万人、うち日本人は4万4,000人と、ともに5年前から倍増した。18年の外国人旅行者は約250万人と見込まれ、今後も堅調に増加すると予測される。一方で、需要の急拡大にホテルの供給が追いついていない状況で、事業機会が見込めると判断した。

小田急グループが日本で培ったリゾート運営のノウハウを活用するとともに、タイとミャンマーでサービスアパートを開発した実績を持つステイジアキャピタルの海外事業の知見を生かす考え。


関連国・地域: 日本スリランカ
関連業種: 建設・不動産観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

下降局面の二輪車販売 回復は来年度から=ICRA(09/20)

電動二輪アザー、エントリーモデルの販売停止(09/20)

未曽有の経済危機に備えよ 投資家ジム・ロジャーズ氏が警鐘(09/20)

マルチスズキ、グ州の港からの輸出100万台超(09/20)

シュコダ現法、昨年度は6380万ルピーの赤字(09/20)

単一業種向けSEZ、複数業種対応に切替え(09/20)

VW金融部門、ネット融資代行と提携(09/20)

中央監視委、銀行不正の調査委を設置(09/20)

オープンセル関税撤廃は時限措置か=業界筋(09/20)

日用品業界の増収率、本年度は15年で最低に(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン