【台湾企業】先進性で勝負、鴻海系の通信大手 亜太電信(APT)

セメント事業などを手掛けた複合企業(コングロマリット)の中国力覇グループ(2010年に破産)を中心に設立した「東森寛頻電信」が起源。01年には、当時の高速無線通信規格である第3世代(3G)移動通信システムの事業免許を民間企業として初めて取得。その後、ブロードバンドと…

関連国・地域: 台湾
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

50年に人口2000万人割れへ 少子高齢化で、30年代に急加速(11/22)

社会混乱、7割が業務に影響 NNA調査、事業撤退へ懸念も(11/22)

遠伝、5G利用の遠隔医療計画を始動(11/22)

元太、米ライパックスとスマート薬ケース開発(11/22)

デルタ、森美術館に8Kプロジェクター提供(11/22)

上奇科技、大江生医とスマート包装で協力(11/22)

電動二輪、20年から成長鈍化へ=光陽執行長(11/22)

家電量販の勢力図に変化、燦坤が首位陥落か(11/22)

飛行体験の智ワイ、米レゴランドに納品(11/22)

不動産投資見通し、台北地区はア太で14位(11/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン