年功補償の実施延期案も、官民合同会議

日本とカンボジアは20日、首都プノンペンで「第17回日本カンボジア官民合同会議」を開催した。最大の懸案事項である従業員への年功補償手当や、全検査施設から撤退した商業省傘下のカンボジア輸出入検査・不正防止総局(カムコントロール)の今後などについて、幅広く意見を交換。…

関連国・地域: カンボジア日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

日系とウイング、融資管理システム共同開発(11/22)

社会混乱、7割が業務に影響 NNA調査、事業撤退へ懸念も(11/22)

ベトナム海外投資先、カンボジアが4位に(11/22)

1~10月の税収、28%増の24億米ドル(11/22)

インド、商工会議所の開設を検討(11/22)

地雷死傷者、2年連続減少 依然被害多いとNGO(11/22)

スリランカ男性の無罪確定、傷害致死(11/22)

衣料パディーニ、来年カンボジアで4店目(11/22)

中銀が電子通貨の決済導入 世界初、日系ソラミツが開発(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン