KTM複線改良事業、工事費35%圧縮へ

マレーシア政府は、マレー鉄道(KTM)の第2期複線改良事業の工事費を当初より35%安い38億リンギ(約1,034億円)まで圧縮し、事業再開を目指すもようだ。20日付ニュー・ストレーツ・タイムズが伝えた。 消息筋は「リム・グアンエン財務相は、圧縮後の工事費で公開入札を実施す…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

東南アジアの成長率予測、5カ国で下方修正(19:27)

アリババが新興IT青田買い、コンテスト開催(19:59)

環ボルネオ高速、来年1Qに3工区の入札(18:30)

ゴム農園の6割が栽培放棄、収益低下で(19:40)

テイクオフ:8月に長男を出産し、新…(10/16)

新自動車政策、年内発表へ 恩典明文化されるか焦点(10/16)

トヨタ、カローラアルティス新型モデル発売(10/16)

超富裕層への課税強化、1億リンギの税収増(10/16)

政府債務保証に上限設定、監査局が提言(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン