卸売り販売額、10~12月期は17%上昇

シンガポール統計局が20日発表した2018年10~12月期の国内向け卸売り販売額指数(17年=100、速報値)は、名目で前年同期比16.9%上昇の123.2だった。7~9月期の26.7%上昇(改定値)から伸びが縮小したものの、3四半期連続で2桁のプラスを維持した。石油・石油製品や化学・…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

東南アジアの成長率予測、5カ国で下方修正(19:27)

JCB、小売店で現金引き出しサービス(19:19)

NEC、地場社とオンデマンドバス実証実験(19:47)

中国と9件の覚書、通関手続き簡素化など(20:05)

第4世代指導者、対中経済交流重視を表明(19:19)

改定FTAが発効、中国とシンガポール(17:16)

テイクオフ:以前から気になっていた…(10/16)

18年度外国投資は3割増 開放政策で、シンガポールけん引(10/16)

手技整体「平松式」が海外1号店 健康維持に貢献、人材育成も視野(10/16)

リバネス、東南ア新興支援で合弁(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン