• 印刷する

1月の訪日香港人3.9%減、再びマイナスに

日本政府観光局(JNTO)が20日発表した1月の訪日香港人は、前年同月比3.9%減の15万4,300人(推計値、以下同じ)だった。前月のプラス成長からマイナスに転じた。

航空座席供給量は増えたが、米中貿易摩擦による市民の消費マインドの悪化に加え、香港と中国本土を結ぶ高速鉄道「広深港高鉄」香港区間と海上橋「港珠澳大橋」の開通で、より安価な本土への旅行需要が高まったことなどが影響した。

訪日人数ベースでは韓国、中国、台湾に次いで4番目に多かった。同4カ国・地域では韓国も前年同月割れ。一方、中国と台湾はともに2桁増だった。

1月の全体の訪日外国人は7.5%増の268万9,400人だった。1月としては過去最多を記録した。


関連国・地域: 香港日本
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

科技大、本土AI企業と共同研究(20:28)

中小企業の大半が見通し楽観 経済悪化認識も、大湾区に商機(03/26)

来月導入の任意医療保険、週内に商品発表へ(03/26)

中小型株の売買を活発に、HKEXが案検討(03/26)

反落、29000の節目割り込む=香港株式(03/26)

台風22号、保険金請求額は29億$に(03/26)

米スポーツ用品大手、香港に地域本部開設へ(03/26)

出所不明の香港ウナギ6トン、台湾などから(03/26)

トリドール傘下の雲南麺チェーン、海外進出(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン