• 印刷する

VW、サバ州初の3Sセンター開設

独フォルクスワーゲン(VW)の販売店、VWパッセンジャーカー・カーズ・マレーシアと地場企業コタブミはこのほど、サバ州で初の3S(販売・サービス・部品交換)センターをコタキナバル東郊のイナナム地区に開設した。サン(電子版)が伝えた。

同センターはVWの認定代理店としてはサバ州で唯一。これにより、マレーシア全土で3Sセンターは18カ所となった。

コタキナバルの3Sセンターには、2台分のショールームと4台分の保守点検スペースが設けられており、保守点検サービスは1日当たり16台に対応可能だ。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:子どもの頃はよく「光化…(09/24)

【日本の税務】個人所得税について(09/24)

国産品を中国で売り込み アリババのプラットフォーム活用(09/24)

消費者の7割、キャッシュレス決済可の店選好(09/24)

RM1=25.7円、$1=4.18RM(23日)(09/24)

シンガポールとトルコ製鉄筋に反ダンピング税(09/24)

泰との共同開発海域、R&Dに400万ドル支援(09/24)

新たな海事基金を業界歓迎、15億リンギ規模(09/24)

エアアジア、越ダラット便を12月就航(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン